京手描友禅 とは

読み方は ≪きょうてがきゆうぜん≫と読みます。江戸時代京都の祇園に住んでいた扇面絵師 宮崎友禅斎 が考え出したといわれています。糸目糊で模様の輪郭をなぞり防波堤を作ることで、色混じりを防ぎ、自由で多彩な色遣いができるよう考えられた染織技法です。


SAYA YAMADA

Instagram